昔のロックは最高でした。


by lovewalksin

<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

BEATLES 『RUBBER SOUL』

d0029532_16301095.jpg前回のブログで僕もBEATLESの曲を取り上げましたが、sy_rock1009さんのブログで、BEATLESで好きな10曲をえらんで載せてるのに興味をおぼえ、BEATLESについて書いてみることにしました。
僕は学生時代、よーへい君に彼の自選ベストのテープを聞かせてもらってからBEATLESの深さに感激し大好きになりました。聞きたくなった理由も村上春樹氏の“ノルウェイの森”を読んでからなのでちょっと単純なのですが、それまではもちろん“HELP”や“A HARD DAY’S NIGHT”など耳にしたことはあったけど、なぜに彼らが偉大で不滅の存在なのだか全然わかりませんでした。それまでの僕のBEATLESのイメージは初来日で騒がれたアイドル時代のもので、彼らをあまりシリアスに捉えてなかったのですが、その自選ベストを聞いて大きく変わりました。初期のアイドル時代から中期には脱却し、普遍的な魅力に満ちた曲や革新的な曲を作りだした真にアーティスティックなグループだということがよくわかり、今まで聞いてこなかったことをとても後悔しました。

というわけで僕が個人的好みで好きなのは中期以降なのですが、今日はその中でもアルバム作りの方法論を、悪く言うとシングル曲+カバー曲の寄せ集めから大きく変えた名盤『RUBBER SOUL』について。
このアルバムは、シンプルなのに耳に残る魅力に溢れた曲が畳み掛けるように続きます。しかもそれらが1曲を抜かして2分台にまとめられていて、曲のよさをすべて凝縮したようで短さをまったく感じさせません。曲のタイプはどれも違うのに、全曲聴いてばらばらに感じさせないところもスゴイです。バンドとしてのBEATLESの頂点はまさしくこのアルバムだったのではないだろうかと僕は思います。
#3“YOU WON'T SEE ME”これが唯一3分台の曲ですが、こんなさりげない曲でもメロディが頭から離れないのにオドロキです。ポールのセンスのよさが光る名曲です。実際、ポールの書く曲が多くなりまたその出来がいいので、それに感化されたのか、ジョンも#4“NOWHERE MAN”や#11“IN MY LIFE”など、説明など一切不要の天才的な名曲を書いています。あと、ジョージもまだまだですが、#5,13などの佳曲を残してこれからに期待を抱かせます。
彼らのアルバムはどれも聞き応えのあるものばかりですが、ドラッグソングの???なのも含まれているのもあるので、まず聴き始めたい人にはこれを勧めます。

僕もsy_rock1009さんにならって順不同で10曲選んでみました。
あと、10曲では絶対足りません。というわけで今日の10曲です(笑)。
・IN MY LIFE
・HERE,THERE AND EVERYWHERE
・PAPERBACK WRITER
・HELLO GOODBYE
・THE FOOL ON THE HILL
・EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY
・WHILE MY GUITER GENTLY WEEPS
・HAPPINESS IS A WARM GUN
・SOMETHING
・GOLDEN SLUMBERS
ポールの曲が多いですね。最近は穏やか路線なので・・・(笑)。
やっぱりBEATLESは最高ですね。
[PR]
by lovewalksin | 2005-06-25 17:29 | 音楽

むずかしいです。

d0029532_3364860.jpgいい音さんから「MUSICAL BATON」というブログ上の企画で音楽をリレーのバトンのように回して、音楽の輪を広げていこうという企画の書き込みをいただきました。いろいろ考えましたが、敬愛するoldbluesさんと同じく、廻した相手の方に迷惑をかけてしまうかもしれないので、バトンを廻さないことに決めました。いい音さん、主催者さん、すみません。
でも企画の内容はすばらしいと思いますので、質問の回答をさせていただきます。

1)コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
→会社のPCには一杯入っていますが、自宅のには入れてません。

2)今聴いている曲
→BEACH BOYS『PET SOUNDS』

3)最後に買ったCD
→DREAM THEATER『OCTAVARIUM』その前はOASISとAUDIOSLAVE

4)よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
→5曲ではまったく足りないですが・・・・最近は平穏なので穏やか路線です(笑)。
①BILL EVANS “WALTS FOR DEBBY” これは絶対欠かせません
②BEATLES “HERE,THERE AND EVERYWHERE”
③BILLY JOEL “SCENES FROM AN ITALIAN RESTAURANT”
④EAGLES “WASTED TIME”
⑤JOURNEY “I'LL BE ALRIGHT WITHOUT YOU”
いや~、むずかしいですね。気分しだいでまったく違ったものになりそうです。

5) バトンを渡す5名
と言うわけで選択しません。

そういえば、写真は妻の実家の愛犬”ハナ”ちゃんです。よろしくお願いします。
[PR]
by lovewalksin | 2005-06-22 03:44
d0029532_11143888.jpg次に配属になる道南の現場に行ってきました。良い言い方をすれば自然にあふれたすばらしいところで、はじめに説明を受けたのは、くれぐれもスズメバチとマムシに注意してほしいとのことでした。北海道にマムシがいるなんて知らなかった・・・・。マムシは2番目に歩く人に噛み付くそうなのでみなさんもご注意ください(笑)。
今日は蛇の話題から白蛇→デヴィッド・カヴァデール→DEEP PURPLEの『STORMBRINGER』です。く・・・苦しい。
カヴァデールは本当に大好きなヴォーカリストで、彼の参加したアルバムで一番よく聞くのがこのアルバムなのです。売れてからの彼は高音シャウトも駆使した歌を披露していて、それはそれで好きなのですが、”男泣き”の世界を歌に込める彼には似合わないと思います。やはり声の深さではDP時代が一番です。彼がはじめて世に出た前作『BURN』では声のディープさは最高でしたが未熟な点も目だち、グレン・ヒューズに完敗といった感じでしたが、今作では著しい成長の後がありテクニックではいまだグレンには敵わないもののすばらしい歌を聞かせてくれています。
『STORMBRINGER』は発表当時、“BURN”のようなとてつもないインパクトのある名曲がなく(この曲は別格です)、バンドをとりまく状態が良くなかったために、世間やメンバーの評価は低かったらしいのですが、アルバムとして評価した場合、何度聞いても聞き飽きない味のあるコンパクトな曲を集めた名盤であると思います。その点ではこのアルバムは後のリッチー・ブラックモアのバンド、RAINBOWのアルバム作りの原型になったアルバムであると思います。
特に秀でた曲として、二人の声の調和がすばらしい、涙なしに聞けない名曲#8“THE GYPSY”こんな哀愁に満ち溢れた曲は2期までのDPでは作りえなかったし、まさしく”男泣き”カヴァデールの英国流の湿った声ならではの名曲です。続く#9“SOLDIER OF FORTUNE”も同等の哀愁を放つ名曲です。これも涙なしには聞けません。その他もDPならではのハードロック#1,5,7(#1のへヴィさはカッコいいです)、二人の歌のうまさが光る#2,3,4,6など全編、いくつになっても聞けるアルバムです。
ハードロック・バンドたるDEEP PURPLEのファンには??であるかも知れませんが、いい曲を聴きたい人にはどのアルバムよりもオススメです。
[PR]
by lovewalksin | 2005-06-19 12:15 | 音楽
d0029532_18311557.jpgDREAM THEATERの新作『OCTAVARIUM』がすばらしい。
彼らの大名盤たる2nd『IMAGES AND WORDS』をno-ri-sanの寮部屋で聞いて以来、僕がもっとも新譜の誕生を心待ちにしているへヴィ・メタルバンドがDREAM THEATERなのです。
彼らはかつて“RUSH MEETS METALICA”と評されたようにプログレッシブ・メタルというジャンルを確立した偉大なバンドで、その後たくさんのフォロアーも生まれましたが、彼らが持つ強靭な精神性にたどりつけた人たちはいませんでした。“進化の先にはさらなる進化への壁が立ちふさがっている”とは6thが出たときのマサ伊藤さんの言ですが、こんな言葉で評価されるバンドが今まであったでしょうか。進化を続け、さらなる高みに到達しようと励む彼らはまさしくプログレッシブ・バンドであると勝手に断言します。

前作『TRAIN OF THOUGHT』も名盤でした。あえてへヴィでアグレッシブな曲で固め、その緊張感に窒息してしまいそうでしたが、内容はさすがの一言でした。賛否両論ありましたが、もともとの彼らの出発点がHMバンドであることを考えれば、いつかへヴィさを突き詰めた作品が出てくるのは自然なことではないかと僕は思います。ただ、彼らならまだ2,3枚この路線で名盤を作れたかもしれないですが、DREAM THEATERを形付ける要素の一つであるへヴィさだけを突出させてアルバムを作りつづけられてもファンとして切なくなるので、他の要素を程よく(ここがポイントだと思います。)配合したアルバムが誕生することを僕は望んでいました。
そして今作『OCTAVARIUM』は前作で試みた手法を内包しつつも、バラエティに富んだ曲作りとメロディのよさによって過去の名作に匹敵する新たな高みに到達することに成功しています。なにより今作から曲作りにも積極的に参加するようになったというジェイムズ・ラブリエの歌がすばらしい。前作からジェイムズの歌が良くなってきたのを感じていましたが、今作では、5人の圧倒的な力量が高レベルで融合した音世界=DREAM THEATERであるということを再認識させられました。過去の作品がそうであったように、険しい崖を登った先に、月明かりに照らされた夜の穏やかな海が広がっているような(?)解放感が得られる久々の作品です。前作もひたすらうなりっぱなしでしたが、今作の方がボディ・ブローのように後から後から効いてきます。あぁ、DREAM THEATERのファンで良かった・・・・。
まだ、発売されたばかりでじっくりと聞き込めていないので、まだまだしばらくこの作品を探求する旅は続きそうです。

でも1つだけ。4曲目の“I WALK BESIDE YOU”はあそこまでポップにしたのなら、もっとサビの部分は徹底したほうがよかったのではないかと僕は思います。あと、“I WALK BESIDE YOU”という言葉が歌詞に出て来すぎです。
あと、コーラスをうまく歌えるメンバーがいたらいいのに・・・・というのは禁句ですよね(笑)。
これらもポートノイ氏の“NEVER ENOUGH”の対象になりますか(笑)。
[PR]
by lovewalksin | 2005-06-11 18:44 | 音楽
d0029532_1495386.jpg7月から道南の現場に異動することになりました。最近その現場の概要を知ったのですが、驚異的!!!なほど工期が少なく、平日に休んで札幌に行くのはかなり困難であると思い、今回のジェフ・ベックの札幌公演は断念することにしました。とても残念です(泣)。
と言うわけで、今日は悲しみを込めて『BECK-OLA』です。
このアルバムは、前作よりバンドとしての一体感が強く現れていて、それが好影響を与えている名盤です。まずロッド・スチュワート(第7子おめでとうございます。)の歌が前作よりもさらに前面に押し出されていますのが違います。全体的にブルーズを基調にした前作よりも今作のようなロック色の強い曲の方がロッドには合っていると思います。水を得た魚のような生き生きした声でド迫力の歌を披露するロッドが最高にカッコいいです。次はニッキー・ホプキンス氏のピアノです。バックのピアノもロック曲に合っていて光っていますが、爆走する#1、#2に続く#3では、心暖まる牧歌的で美しいピアノ・ナンバーを丸々1曲披露しています。そしてジェフのギターも言わずもがなすばらしいです。特徴的な歌うようなギターが随所で聞かれ、それがニッキー氏のピアノと絡まる様は聞いていてとても気持ちいいです。
オススメの曲はもちろん全曲です(笑)。曲数も7曲と少なく、30分弱の時間が瞬く間に過ぎていきます。
『BECK-OLA』のジャケットに描かれた絵は、“ピレネーの城”で有名なベルギーの画家ルネ・マグリットの“THE LISTENING ROOM”(1958)です。僕はこの方の幻想的な絵が大好きなのです。

函館は大好きな町です。いろんな観光スポットが集約されているのでどんな季節でも楽しめます。連休をはずした時に函館山の夜景を独り占めしたいです(笑)。
[PR]
by lovewalksin | 2005-06-06 02:38 | 音楽