昔のロックは最高でした。


by lovewalksin

VELVET REVOLVER  『CONTRABAND』

d0029532_033576.jpg今月のBURRN!は久々にスラッシュが表紙。VELVET REVOLVERが再始動しそうな記事を読んで大変うれしいです。私は彼らの1stがスゴイ出来だと思えなかった人間なので、偉そうには言えないけど期待しないわけにはいかないですよね。

今回書くに当たって、『CONTRABAND』を聞きなおしてみました。
本当はガンズのアルバムについて書こうと思っていたのですけど、1枚になってしまった。
このアルバムにも素直にカッコいいなって思える曲はあるんですよ。でもそれが少ない。私が好きなのは、#1“SUCKER TRAIN BLUES”、#2“DO IT FOR THE KIDS”、#12“DIRTY LITTLE THING”の3曲。でも一番カッコいいのは、ボーナスのSEX PISTOLSのカバー“BODIES”!!。私は原曲よりもカッチョえーと思います。
このアルバムは曲を丁寧に作りすぎていて、それが全体の姿をぼかしているように思います。このカバーくらいラフに、ダーティにハチャメチャにやればもっとカッコよくなるはずです。彼らをいまさらガンズの再来のように考えるのは無意味ですが、比較されるのは仕方のない話だとは思います。ガンズの“IT'S SO EASY”ような、シンプルだけど衝撃的な曲や、大仰で壮大な泣きのバラードを勝手に期待しています。1stを聞いてこのメンバーの相性の良さを感じたし、スコットはすばらしいボーカリストであることを認識しました。彼らならやれるはずです。

でも文句言いながら、私はこのアルバムを結構聞いていたりします(オチはそれか?)。彼らが気になる存在であり、期待させられる存在の筆頭にあることは間違いありません。来年出るらしい、今のところ仮称の2nd『LIBERTAD』を今から心待ちにしてます。

ガンズの『CHINESE DEMOCRACY』もいい加減早く出してくれ(笑)!!。
[PR]
by lovewalksin | 2006-09-11 00:07 | 音楽